佐藤康行~捨てる哲学

捨てる生活、捨てる技術!すべてを手に入れるなら「すべてを捨てなさい」この、捨てる発想、つまり、「捨てる哲学」こそ、これからの時代、21世紀にもっとも必要な発想なのである。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大切だと思っているものから真っ先に『捨てろ』~続き


成功したいと努力しているのに
思うように成功が実現できない方へ



『無料メールセミナー』の詳細はこちら



こんにちは、佐藤康行です。

本日は、「大切だと思っているものから真っ先に『捨てろ』~続き」です。

私がここまで彼女に言ったのはなぜだろうか?
彼女は離婚もし、癌にもなった。
そして、彼女には子どもも三十歳を越えた長男を頭に二人いる。
そのうちの一人は“引きこもり”だと聞いた。

こうした、いろいろな事が起きてくるのは彼女の『執着の愛』が強い
ことが原因となり、それが様々な形となって現れてきたものだった。

それが、子どもさえも縛りつけ、反抗心や問題となって現れているのが
私にはみえたからである。

だから執着するもの全部を『捨てなさい』と言ったのである。
子どもは自分のモノでなくて、神様のものだと思って手放しなさいと
言ったのである。

彼女は今、私のアドバイスの実行をチャレンジ中で、
「近いうちに全部解決する」と言っている。
こうしているうちに、問題のガンは、不思議なことにほぼ治癒してしまった。 

『捨てる』のは、その全てであって、“良い所取り”することではない。
むしろ自分が良いと思っているもの、
大切だと思っているものから真っ先に『捨てる』必要がある。

良いと思っているものにこそ執着心が強くあって、
今の自分を変えていこうと、脱皮するのを妨げるからである。
なかなか捨てられないのは、自分にとって良いと思われるものも
含まれるからなのである。


成功したいと努力しているのに思うように成功が実現できない方へ



いつもご覧いただき、ありがとうございます!
良かったら下のバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
↓ ↓ ↓ ↓

自己啓発 ブログランキングへ






スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。