佐藤康行~捨てる哲学

捨てる生活、捨てる技術!すべてを手に入れるなら「すべてを捨てなさい」この、捨てる発想、つまり、「捨てる哲学」こそ、これからの時代、21世紀にもっとも必要な発想なのである。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の三層構造


成功したいと努力しているのに
思うように成功が実現できない方へ



『無料メールセミナー』の詳細はこちら



こんにちは、佐藤康行です。

本日は、「心の三層構造」です。

では、その「真我」とはいったい何か?
その心はどこにあるのか?

このことを知るためには、人間の心が一体どういう構造になっているのかを
知る必要がある。人間の心は、これから説明するように、
三層の構造として説明すると分かりやすい。

私たちの心は大きく分けると、プラスの心とマイナスの心がある。
プラスは“愛”。
マイナスは“恐怖”。
野生の動物などはシンプルだから、
あらゆる原動力がこの「愛」か「恐怖」から来ている。

自分の子どもを愛する気持ちから、エサを捕獲する。
天敵が現れた時、恐怖心があることによって、逃げる、
という行動をとることが出来るつまり、恐怖心は必要なのである。
しかし、人間の心はもう少し複雑に出来ている。

プラスの心は明るく・前向きに・積極的に・夢を持って・目標を持って
・プラス思考で・愛と感謝の気持ちで・素直な心で・勇気をもって…
といった心だ。

マイナスは暗く・後ろ向きに・人を恨んで・憎んで・妬んで・傲慢で
・偏屈で・マイナス思考で云々…といった心。
当然、プラスの心が良いことは誰でもわかっている。

ここが、心の三層構造の一番上の部分、
つまり『頭』で理解する心、観念の部分である。

普段、自分がマイナス思考になっている時、
一生懸命プラス思考になろうと努力する。
しかし、どんなにそう思おうと努力しても、たしかに調子のいい時や、
ノっている時などはいいとしても、日常、ふと我に返った時、
どうしてもそう思えない心が湧き上がってくる…

「感謝しろったって、そう思えないから仕方ないじゃないか」
「そんなの解っちゃいるけど、不安にどうしてもなってしまう…」
「人を愛せったって、憎らしいんだからしょうがないじゃないか!」

 そうならないために、一般的には、何度も何度も反復して、
プラス思考をインプットしろ。強くそう信じろ!潜在意識にインプットしろ!
などと教えているが、これはとんでもない逆効果になってしまうのである。
 
「思おう!」とするのは「そう思ってない」から「思おう」とするのである。
「思おう!」とする心とすでに「思っている心」があるのだ。

そして、すでに「思っている心」の方が圧倒的に力が強いのである。
 その、ふと湧き上がってくる“すでに思っている”心こそ重要なのである。
ではその心はいったいどこからやってくるのだろうか?


成功したいと努力しているのに思うように成功が実現できない方へ



いつもご覧いただき、ありがとうございます!
良かったら下のバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
↓ ↓ ↓ ↓

自己啓発 ブログランキングへ






スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。