佐藤康行~捨てる哲学

捨てる生活、捨てる技術!すべてを手に入れるなら「すべてを捨てなさい」この、捨てる発想、つまり、「捨てる哲学」こそ、これからの時代、21世紀にもっとも必要な発想なのである。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深く知らなければ、喜びは見えて来ない。浅い考えは捨てろ


成功したいと努力しているのに
思うように成功が実現できない方へ



『無料メールセミナー』の詳細はこちら



こんにちは、佐藤康行です。

本日は、「深く知らなければ、喜びは見えて来ない。浅い考えは捨てろ」です。

事実を見ることができないような浅い考えは捨てることである。
さらに言うなら深い考えも捨てなさい。
なぜなら深さは無限であるからだ。
自分で深く知ったなどと思うこと自体が浅さの証明である。

そうすればもっともっと深いものが生まれて来る。
そのことによって次元をアップすることができる。
現状に満足することは恐ろしいことである。
現状に安住しないためにも、今もっているものを捨てなければならない。

刑務所の中に入っていて、そこが居心地がよいと思ったら、
いつまでたっても出られない。
こんなところは嫌いだ、というようにならないと
次元のアップは決してできない。

次元をアップするというのは、
苦しさに打ち勝つ喜びを知ることによって、深さを知るのと同じである。

苦しさから逃げようという考えでは、深く捉えることはできない。
苦労することなどは何でもない。
その中に喜びを見いだせるのかどうかが鍵なのである。

また苦労をしている人でも考えが浅い人が多いのは、それはその人が苦労から
実質的には「逃げよう」としているからで、苦労が空回りしている場合が多い。
つまり苦労をするから深くなる、というのでなく、
その苦労の中にある喜びを知ることが大切なのである。

スイッチを切り替えるためにはまず浅い考えを捨てること。
そして苦労に向き合い、喜びを見いだすことを知らねばならない。
「捨てる」と「逃げる」は違うのである。
「逃げる」というのは、その状況にいたたまれず苦しいから逃げる、
と言うことである。

それは、楽なほうに行きたいという意味では同じなのである。
「逃げる」のは、“苦しい”という心の状態を変えずに、その状況とか
場所だけを変えていること。環境だけを変えようとしていることなのだ。
心まで変えていないのである。

その心が現象面に現れてくるのだから、どこへ逃げても同じなのである。
心まで捨てきるのである。
「捨てる」のは、そういった心まで全部捨ててしまうのである。
そして新しく生まれ変わる。

「捨てる哲学」は、大変に能動的で、進歩的で、自己成長型なのである。
「逃げる」というのは、全く消極的で追い詰められてしまう世界である。
だから、追い詰められる前に手を打つ必要があるのだ。




成功したいと努力しているのに思うように成功が実現できない方へ



いつもご覧いただき、ありがとうございます!
良かったら下のバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
↓ ↓ ↓ ↓

自己啓発 ブログランキングへ






スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。