佐藤康行~捨てる哲学

捨てる生活、捨てる技術!すべてを手に入れるなら「すべてを捨てなさい」この、捨てる発想、つまり、「捨てる哲学」こそ、これからの時代、21世紀にもっとも必要な発想なのである。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親に自分の人生をつぶされてはならない 子どもも『親』を捨てる。


成功したいと努力しているのに
思うように成功が実現できない方へ



『無料メールセミナー』の詳細はこちら



こんにちは、佐藤康行です。

本日は、「親に自分の人生をつぶされてはならない 子どもも『親』を捨てる。」です。

子どもの場合は『捨てる』と言うよりも独立すると言いかえることができる。
今の世の中には三十歳になっても、四十歳になっても
結婚できない人が毎年増えている。
その原因のほとんどは親離れができていないからである。

いつまでも親をあてにして頼り切っているから、
いつまでたっても独立できないのである。
子どもは一度家を飛び出して、自分で働き、家賃も払い、
自分で生活のすべてを賄うことが必要だ。

そうすれば今度は「ああ、今まで親がめんどうを見ていてくれたんだ。
でも、このままではいけない」ということが自然に分かるようになり、
親に感謝する気持ちが生まれてくる。

今の世の中は過保護になり過ぎていて、親掛かりで家にいて、
食べるものから、洗濯、布団の上げ下げまで世話になっている。
これが普通になってしまっているのだ。
そんな身分でいながらブツブツ文句を言ったりするものが多いのだ。
 こんなのは論外である。

まず外に出て、独立した経済生活を営むべきなのである。
そうしないと親のありがたさなど分からない。
それが分からないから、自立もできないし、結婚なんてとてもできない。

ところがこんな子どもに限って親の財産を当てにしている。
酷いのになると「早く自分のものにならないか」と狙っていたりする。
これが今、社会問題となっている家庭内暴力の底流に
横たわっている深刻な意識構造なのである。

だから、子どもも早く親を捨て、自立することが何よりも必要なのである。
親の財産を当てにしているようでは、自分の人生を大切にできる訳がないし、
何事も達成することなどできないのである。

成功したいと努力しているのに思うように成功が実現できない方へ



いつもご覧いただき、ありがとうございます!
良かったら下のバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
↓ ↓ ↓ ↓

自己啓発 ブログランキングへ






スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。