佐藤康行~捨てる哲学

捨てる生活、捨てる技術!すべてを手に入れるなら「すべてを捨てなさい」この、捨てる発想、つまり、「捨てる哲学」こそ、これからの時代、21世紀にもっとも必要な発想なのである。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「生命の法則」は「守り」でなく「突き放せ」


成功したいと努力しているのに
思うように成功が実現できない方へ



『無料メールセミナー』の詳細はこちら



こんにちは、佐藤康行です。

本日は、「「生命の法則」は「守り」でなく「突き放せ」」です。

大胆に潔く捨てるのと、無謀とはどう違うのだろうか?
無謀でない捨て方と言うのは、捨てることによって
それが活きてくる、という場合である。

捨ててから出る心があるのだ。

全部捨てた時に、全く想像し得なかった自分に出逢う可能性があるのだ。
心で本当に捨てきったら、本当に捨てたと同じなのである。
心の中で捨ててしまうと、大胆なことも出来るのである。
執着心が無いからこそ大胆なことが出来るのである。

「捨てる」と言うことは、「脱皮」する発想であって、
「逃げる」という発想とは違うのである。
夜逃げや自殺とは全く違うのである。

そういった一般的に言う「捨てる」発想でなく、
全く今までのやり方を変えましょう、と言うことなのである。

「大事にする」本当の意味は、「保護する」ことではないのである。
「放つこと」こそ、大事に扱う本当の意味なのである。
生命の法則」は、まさにここが重要なのである。

モノは大事に扱うと長持ちするが、「生命の法則」はむしろ、
少し手荒いくらいのほうが、逆に長持ちするようになるのだ。
大事という扱い方が違うだけなのである。
両方とも大事なのだが、やり方が違うのである。

それは、「生命の法則」を知っているか知らないかの差なのである。
魂の部分も同じである。
いろいろともまれて、はじめて魂に磨きがかかるのである。
全然もまれず温室で育ってボンボンだったら全然魂に磨きがかからない。

「捨てる」ポイントは、ひとつは、まず心の中で捨てるのである。
そして、もうひとつは本当に捨てるのである。

しかし、どちらが良いかと言えば、本当に捨てることなのである。
心の中で「捨てた」と言っても、ほとんどの場合、観念でそう思っただけ
なのだから、実際にやってみないと、本当のところは分からないのである。

もし、刑務所に入っている人がいるとして、適当に今幸せな人と苦しい人と、
どっちが幸せに近いポジションにいると思うだろうか?
刑務所にいてそこに安住していて幸せな人は、そこから出たがらないのである。

そこが嫌で苦しい人はどうですか?
そこを早く出てまっとうなことをやりたいと思う。
苦しい人が救いやすいのである。
苦しい人のほうが、刑務所を捨てやすいのである。

刑務所も捨てる。
そしてステップアップ、脱皮していくのである。
もし、あなたが今苦しい場面にいるとしたら、
それは最高に良いポジションにいるのである。

まもなく、あなたの状況を捨てきった時に
次の素晴らしい世界がまっているのである。

成功したいと努力しているのに思うように成功が実現できない方へ



いつもご覧いただき、ありがとうございます!
良かったら下のバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
↓ ↓ ↓ ↓

自己啓発 ブログランキングへ






スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。