佐藤康行~捨てる哲学

捨てる生活、捨てる技術!すべてを手に入れるなら「すべてを捨てなさい」この、捨てる発想、つまり、「捨てる哲学」こそ、これからの時代、21世紀にもっとも必要な発想なのである。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会社も夢も過去の栄光も全部捨てる~続き


成功したいと努力しているのに
思うように成功が実現できない方へ



『無料メールセミナー』の詳細はこちら



こんにちは、佐藤康行です。

本日は、「会社も夢も過去の栄光も全部捨てる~続き」です。

とは言っても、なぜ捨てるのが難しいのか?
それは、あのバブルの頃の癖が抜けないのである。

今のほとんどの経営者がリストラできないのは、私も経営者だったから
よく分かるのであるが、会社を伸ばすことで頭がいっぱいなのである。
だから、店が減るとか、従業員が減るとか、売上が減るとかって聞くと、
ゾーっとするのである。

本当は売上も落として、経費も落として従業員も削減していくといったことを
やっていかなくてはならないのに、過去の癖が抜けないのである。
だから、ほとんどの今のバブルの時に伸びた経営者はその時の伸ばす発想が
抜けない人が多いのである。

今苦しいのに、経営者の頭の中は「売上、売上」ということばかりなのである。
先日も、ある経営者から相談を受けた。

「そろそろ、そういったリストラも考えなきゃいけないんじゃないか」って
言ったら、「いや~人件費だけは落としたくないんです」なんて言うから、
「何言ってんだ。そんなの経営者として甘いだけだ」って言った。

「人件費もクソもないんだ。全体的に見てきちっとやることが大事じゃないか」
って言ったら「ああそうですかあ…」って反省してた。
つまり、情がからんでいるのである。

それから、従業員に悪く思われたくないといった保身の感情もはいっている。
そんなこと言っている間に会社が沈没してしまったらどうしようもないのである。

従業員だって同じである。
会社を捨てる、というくらいの気持ちでやる。
そのことによって自分自身を守ると言う気持ちがなくなってきて、
そのことによって本当に見えてくる世界があるのだ。

自分を守ろうとしていると見えなくなってしまうのである。

定年退職した人や、リストラにあった人たちで、まだ会社にいた時のことが
頭の中から抜けない人が大変に多い。もう会社を辞めているのにまだ、
過去の会社員だったころのトラウマが消えないのである。

もう終わっていることなのに、引き続きあの時はこうだっただとか、
自分の立場にしがみついていてなかなか再就職できない。
捨てることは不幸でないのである。

いつまでも捨てたほうを見ているか、捨てたからこそ得られるほうを見るか、
あなたは、どちらのタイプだろうか?


成功したいと努力しているのに思うように成功が実現できない方へ



いつもご覧いただき、ありがとうございます!
良かったら下のバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
↓ ↓ ↓ ↓

自己啓発 ブログランキングへ






スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。