佐藤康行~捨てる哲学

捨てる生活、捨てる技術!すべてを手に入れるなら「すべてを捨てなさい」この、捨てる発想、つまり、「捨てる哲学」こそ、これからの時代、21世紀にもっとも必要な発想なのである。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大胆に今までのやり方をリセットし、全く新しいやり方へ~続き


成功したいと努力しているのに
思うように成功が実現できない方へ



『無料メールセミナー』の詳細はこちら



こんにちは、佐藤康行です。

本日は、「大胆に今までのやり方をリセットし、全く新しいやり方へ~続き」です。

私の事務所がある新宿区はほとんど野原だった。
昔は隣の四谷のほうが発展した町だった。しかし、今は圧倒的に新宿が発展している。
元々無いから発展したのである。あるところは発展しない。

会社も、外部から来て家賃払ってテナントに入っているところが伸びているのである。
自分の土地を持って先祖代々受け継いできたところは以外に伸びていなかったりするのだ。
家賃も要らないはずなのに。

それは「守りの発想」だからである。
捨てる発想」じゃない。
守りの発想は池のように澱んでいるのである。
それに対して捨てる発想は川のようである。

今こそ、誰かに捨てさせられるんじゃなくて、
「自ら捨てていく」発想が必要なのである。

例えば商売でも自らぱっとやり方を変えるとか、ぱっと捨てちゃうとか、
なにかぱっぱっぱっとやっていかなければ今の時代は苦しいですよ、
厳しいですよ、と言うことなのである。

では、何が「守る発想」を作っているのだろうか?
深いところから言えば、生命の保存から来ているのである。
いろんな動物が、敵から身を守るとか、食料を確保するとか、といった生命保存。

その本能がずうっと表面化して、しまいにはお金がコレだけないと
やっていけない、とか、コレだけモノが無くてはいけないとか、
コレだけ仲間がいなくては不安だとか、
知らないうちにそう思い込んでしまっているのである。

別にそんなもの無くても、どおって事無いのである
つまり、守ろう、という気持ちが強いときに、その守りが、
恐怖が生まれるのである。その恐怖が体をおかしくしていったり、
恐怖と言う想念が実現していったのである。

だから、執着することは守ることではないのである。
むしろ、本当の究極の生命保存の「守る」ということを成就させるには、
一般で言う「守る発想」ではなく、
「捨てる哲学」のほうが、結果的に自分を守れるのである。

なぜなら、最初から何も守っていないのだから。
守るものが無いことは非常に強いのである。

恐怖感がないからなのだ。
心配が無い悩みが無い。
悩みが無いから、楽々と生きられる。
でも、守ろうとするから、不安心配恐怖があるから、
その心がむしろ自分の命を縮めている人が多いのである。

西郷隆盛が坂本竜馬に、「地位もいらない名誉も要らないお金も要らない
命さえいらないという人間は手もつけられない。」と言っている。


成功したいと努力しているのに思うように成功が実現できない方へ



いつもご覧いただき、ありがとうございます!
良かったら下のバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
↓ ↓ ↓ ↓

自己啓発 ブログランキングへ






スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。