佐藤康行~捨てる哲学

捨てる生活、捨てる技術!すべてを手に入れるなら「すべてを捨てなさい」この、捨てる発想、つまり、「捨てる哲学」こそ、これからの時代、21世紀にもっとも必要な発想なのである。

タグ:欲望のモチベーション の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喜びの輪を無限に広げていく生き方


成功したいと努力しているのに
思うように成功が実現できない方へ



『無料メールセミナー』の詳細はこちら



こんにちは、佐藤康行です。

本日は、「喜びの輪を無限に広げていく生き方」です。

これからの時代に必要なモチベーションとは、「欲望のモチベーション
ではなく「喜びのモチベーション」なのである。

欲望のモチベーション」とは、アレが欲しい、コレが欲しいといった
自分の欲望を満たすことを動機として行動していく姿である。

それに対し、これからの新しい時代は「喜びのモチベーション」の人間が求められてくる。
私たちには、喜べる心は元々始めから全部与えられているのである。
それを知って、そこを出発点にするのである。
だから、今この瞬間瞬間に喜びで生きて行く、と言うことなのである。

その喜びも、自分にとって都合の良い、自分が思う喜びではない。
喜びのモチベーション」になるためには、如何に全部捨てるかによるのである。
出世欲だとか、お金が欲しい、という、そのこと自体は別に悪くないのである。
だけど、そのことだけを目的にして仕事をするのは良くない、と言うのである。

仕事の動機ひとつとっても、アレが欲しい、コレが欲しい、だからこの仕事をやる、
ということから、人にどうやったら喜んでもらえる自分になるのか、
と言った方向に目標をスイッチするのである。

例えば、ある営業マンが「すいません、コレ買ってください」と、
あなたの所に何かを販売しに来たとする。
「コレを買ってくれたら、私の給料これだけあがるんです。お願いします」
何て言われたら、あなたはその営業マンから買う気になりますか?

嘘をついて本当のパワーは出ないのである。

心の中では「お金が欲しい」「出世がしたい」でも口ではあなたのため
お客さんのためにと言っている。これでは本当のパワーは出るわけ無いのだ。
だから、本当に人に喜んでもらうことをやった、
その結果として後からお金は付いてくるものなのである。

そういう発想になるには、執着心を捨てなければならないのである。
大企業の不祥事が問題になったりするが、不評をかっている原因は、
みんな守るところから来ているのである。問題が出てきた時に、
パタパタッと最初に自ら処理すればよいのである。

しかし、みんな守る発想だから問題が起きたと言えるのかもしれないのだ。
問題が起きたらまた隠そうとする。

自分の会社の存在は何なのかと、会社の存在は社会のものだと捉えたら、
どうぞこういう問題を調べてください、というふうにやるべきなのである。
守りの発想を止め、捨てる発想でいくのである。


成功したいと努力しているのに思うように成功が実現できない方へ



いつもご覧いただき、ありがとうございます!
良かったら下のバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
↓ ↓ ↓ ↓

自己啓発 ブログランキングへ






スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。