佐藤康行~捨てる哲学

捨てる生活、捨てる技術!すべてを手に入れるなら「すべてを捨てなさい」この、捨てる発想、つまり、「捨てる哲学」こそ、これからの時代、21世紀にもっとも必要な発想なのである。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大胆に今までのやり方をリセットし、全く新しいやり方へ


成功したいと努力しているのに
思うように成功が実現できない方へ



『無料メールセミナー』の詳細はこちら



こんにちは、佐藤康行です。

本日は、「大胆に今までのやり方をリセットし、全く新しいやり方へ」です。

例えば、今、会社を立て直すのも外国人がやっていたりするが、
あれも「捨てる哲学」の発想なのである。

しかし、日本人だって方向性が変われば、全体が変わっていくのは、
むしろ早く、そして強力である。それは、
歴史を見てみればわかる。

日本は、一度焼け野原になって、戦争に対する自信が崩れ、
「捨てる哲学」が出来たのである。
そして国を捨ててしまったのだ

無条件降伏をした、と言うことは、全部捨てた、ということなのである。
そして、日本は分割して、アメリカとイギリスとソ連と中国の
四ヶ国に取られるところだったのである。
今までの日本じゃなくなったのである。

つまり、無条件降伏して、一回カルマが全部消えたのである。
だから、日本はコレだけ経済発展したのである。
結論的に「捨てる哲学」を嫌でもやらされたのである。

日本が戦争に負けて焼け野原になっていなければ、
コレだけ経済発展していないはずなのである。
意外と、地震や天災などにあっているところは発展している可能性があるのだ。

明日は、「大胆に今までのやり方をリセットし、全く新しいやり方へ」
の続きをお送りいたします。


成功したいと努力しているのに思うように成功が実現できない方へ



いつもご覧いただき、ありがとうございます!
良かったら下のバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
↓ ↓ ↓ ↓

自己啓発 ブログランキングへ






スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。